写真を撮るプロって何だろう?
と、考えることがよくある。

 

 

最近写真のお仕事させて頂く機会も増えて周りから、『プロのフォトグラファー』と呼ばれることが多くなってきて、特に考えるようになった。

 

 

写真のご依頼を頂くことはとてもありがたいこと。

 

 

けれど、プロのフォトグラファーとしてご依頼を頂くことは、案外嬉しいものではない。

 

 

プロのフォトグラファーという肩書きは、私にとって褒め言葉ではないからだ。

 

 

というのも、いわゆる『プロのフォトグラファー』が撮る全ての写真が、私にとって最高の写真とは限らないからだ。

 

 

プロのフォトグラファーが撮った写真をみても、「こんなものか?」と思うことが多々ある。

 

 

なので、プロのフォトグラファーと一括りにされるのは正直イヤだったりする。

 

 

 

見る側の好きか嫌いか

結局のところ写真の良し悪しって、“プロor素人”じゃなくて“見る側の好きor嫌い”の違いなんだよね。

 

 

つまり、好み。

“撮る側の好み”“見る側の好み”が一致するか、一致しないかの話。

 

 

この本質を理解できてない人が意外と多い。

 

 

 

 



 

プロというフィルター

フォトグラファーがどんな写真を撮るのか確認せず、『プロだから』で依頼をしてしまうのはとても危険。

 

 

プロに依頼をすれば(自分にとって)最良の写真を撮ってもらえると考えるのは迷信と同じ。

 

 

私の友人は、結婚式の写真をプロのフォトグラファーに依頼したんだけど、アングルやレタッチ(レタッチ:写真加工のこと)が好みじゃなかったようで、仕上がった写真を見てとても残念そうにしていた。

 

 

そして、この様なケースを耳にすることがとても多い。

 

 

『プロだから』という謎の安心感に身を任せ、どんな写真を撮るフォトグラファーなのか確認しないと、このような不一致を避けることができない。

 

 

プロというフィルターを外して、好きか嫌いかを判断して選ぶことは本当に重要だ。

 

 

 

まとめ

ここまで読んで下さった方にはお分かり頂けたと思うのですが、私が目指すべきところは当然、“プロ”ではない。

 

 

プロのフォトグラファーが撮る写真だから。

 

 

ではなく、

なつみぶるーの撮る写真が好き。

と、言われたい。

 

 

 

 

“なつみぶるーの好き”を追求して、結果的に、“なつみぶるーの好き”を好んでくれる人の前で初めて価値が生まれる。

 

 

これが理想だし、お互いがwin winになれる。

 

 

プロと名乗って仕事をもらうことはナンセンス。

 

 


相手をプロだと思って仕事を依頼することもナンセンス。

 

 

これって、写真に限らず何についても言えることだと思うんだよね。

 

 

 

 

Thanks ♡

なつみぶるー



 

日清 カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード 56g ×12個 インスタント

新品価格
¥2,160から
(2019/9/16 20:51時点)

ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 甘さひかえめ 900ml×12本

新品価格
¥1,150から
(2019/11/4 17:44時点)