Hi! なつみぶるーだよ♡

 

 

 

最近、海外の山火事や千葉の台風被害の報道がなかったことによって、SNSでは「なぜ日本のマスコミは大切なことを取り上げないんだ?」と怒りの声がたくさん上がっていたよね。

 

 

今回は、そのことについて私の考えを書いてゆくね。

 

 

 

情報 ≠ マスコミ

私たちは、マスコミは全てを教えてくれるものだと錯覚してやしないか?

 

 

マスコミが発信する内容は正しい

マスコミから全ての情報を摂取できる

 

 

つまり、

 

情報=マスコミ 

 

と思い込んでいる。

 

 

だから報道されないことがあると、「なんでこんなに大切なことを報道しないんだ?」と怒りに繋がる。

 

 

SNSが浸透する以前は、「なんでこんなに大切なことを報道しないんだ?」とはならなかったはずだ。

 

 

情報を発信するのはマスコミだけで、私たちはマスコミから流れてくる情報を全てだと信じて鵜呑みにしていた。

 

 

 

 

精査する術を身につける

昔は、マスコミがふるいにかけた情報を受信するだけだった。

 

 

今は、SNSが浸透して、誰でも情報を発信したり、簡単に共有ができるようになった。

 

 

そして、マスコミが報道することが全てではないことに少しずつ気がつき始めた。

 

 

けれど、マスコミ全ての情報を発信してくれて当然といった感覚が残るが故に、「なぜ日本のマスコミは大切なことを取り上げないんだ?」と怒りの声が上がるようになった。

 

 

ここで理解しておきたい事は、マスコミに全てを報道しろー!と一時的に怒りを向けてもあまり意味はないということ。

 

 

今の私たちは、ネットを使って情報を取りに行くことができる。

 

 

むしろ、SNSを使っていたらじっとしていたって情報が入り込んでくる情報過多の時代。

 

 

そんな時代だからこそ気をつけたいことは、

 

 

1つの時事には沢山の側面があって、その一側面を知り全てを理解したつもりになってはいけない。

 

 

1つのプラットフォームから流れてくる情報を鵜呑みにしてはいけない。

 

 

冷静に情報を精査する術を身につけなければいけない。

 

 

 

 

信用経済

個人が情報を精査する術を身につけると、重要な情報を発信しないプラットフォームは衰退する。

 

 

これはまさに信用経済

 

 

ここ数年、私はテレビをほとんど観なくなった。

 

 

テレビから流れてくるニューには、偏りがある。

 

 

テレビから流れてくる文化には、SNSで2年以上前に流行した内容であたかも今流行っているかのように伝えられる。

 

 

芸能人がテレビに出なくなると落ちぶれたと噂されるけど、テレビ以外のプラットフォームで芸能人以上に活躍している人は沢山いる

 

 

そのことに気が付いて(気がつけて)からは、テレビへ向けていた「信頼」を個人の発信へ向けるようになった。

 

 

今後、情報の質が悪い(欲しい情報がない)と判断されたプラットフォームは自然と衰退していくと思う。

 

 

 

 

発信は発信を呼ぶ

困っている時こそ発信力のあるプラットフォームに発信を頼り、解決・改善をしたいと思う気持ちは分からなくもない。

 

 

ただ、今の時代は大きなプラットフォームがなくとも、発信が発信を呼び情報を巡らせることができる

 

 

「SNSのフォロワーが少ないから」とか、「フォロワーのほとんどが身内だから」とか、思うかもしれないけど個人の発信は巡り巡って大きな発信に変わっていく

 

 

インフルエンスは誰にだってできること。

 

 

情報を精査した上で、個人個人が大切だと思ったことを発信したらいいと思う。

 

 

 

 

関連記事

まとめ

大きなプラットフォームに頼ることなく、個人個人が情報を収集・精査する力発信をする力を身につけていけていくべきだと伝えたくてこの記事を書いたよ。

 

 

 

Thanks ♡

なつみぶるー