Hi! だよ♡

 

 

 

2018年の旅は、ハワイのオアフ島に2回(5月・9月)、ロシアのウラジオストクに2回(6月・10月)と同じ場所を2回ずつ訪れている。

 

 

短いスパンで同じ場所に2回ずつ訪れる事ができた理由は、引き寄せたから。単純にそれだけだと思っている。

 

 

 

引き寄せの法則

私は『引き寄せの法則』を信じているよ。

 

 

引き寄せの法則とは、自分が願っていたことが実現すること。大げさに言うと、自分の力で願いの実現をサポートして、起きるべくして起きた奇跡。

 

 

例えば、
◆(株)〇〇といつか一緒にお仕事がしたいなーと思っていたら、先方から仕事のオファーがきた!
◆△△抽選に応募したら見事当選した!とか。

 

 



 

ハワイに2回行けた理由


2018年1回目のハワイは、5月にプライベート旅行の6泊8日で。この時は、JTBのweb予約で普通に申込んだ。

 

 

2018年2回目のハワイは、完全に引き寄せたと言っていい。

 

 

確か今年の5月くらいに、Instagramのストーリーをみていたら、たまたまアモスタイル バイ トリンプの広告が流れてきた。広告の内容は、「アモスタイルのInstagramアカウントをフォローして、コメントを残してハワイの航空券を当てよう!」といったもの。

 

 

この広告をみて直ぐにアモスタイルのアカウントをフォローしてコメントを残して抽選に応募した。日頃から引きの強い私は、絶対に当たる!と強い確信を持っていたの。ただ、正直なところこの強い確信には何の根拠もない。笑

 

 

6月末でこの応募は締め切られ、7月を迎えた。そろそろ当選のお知らせが来るに違いない!と、考えていた数日後。InstagramでアモスタイルさんからのDMが届いた。

 

 

ドキドキしながらもDMを開くと、見事に当選のお知らせだった。

 

 

そして、2018年2度目のハワイ渡航が決まった。

 

 

 

ウラジオストクに2回行けた理由


2018年1回目のハワイ旅行の最中、「タビジョレポーターに応募して、ウラジオストクに一緒に行かへん?」と友人のゆうきはんから連絡が入った。

 

 

ゆうきはんからのお誘いが嬉しくて、旅行中に時間を割いてレポーターの志願理由を考えて応募フォーマットを完成させた。この時も不思議とレポーターに選んでもらえると確信していた。

 

 

そして見事に、ウラジオストクレポーターの権利を獲得した。そしてこの引き寄せは、2回目のウラジオストクレポーターの権利もセットで運んできてくれた。

 

 

結果、6月と10月、計2回ウラジオストクを訪れる事ができた。

 

 

 

ハワイを引き寄せた方法


引き寄せの法則は、一見すると単なる偶然に思えるかもしれない。実際は、願いを実現するためにちょっとした行動を起こした結果なの。

 

 

2018年にもう一度ハワイに行きたい!という強い想いがあって、ハワイというワードにアンテナを張っていたから、いつもならスルーする広告でも、ハワイというワードに目が止まり、アモスタイル抽選の広告に気がつけたと思う。

 

 

そして、ハワイ航空券の抽選に応募するという行動を起こすことができた。

 

 

これって大した事ない様に思うかもしれないけど、結構すごい偶然だと私は思っている。

 

 

そして、ここまでくるとハワイに行ける確率が格段に上がる。

 

 

だってさ、応募しないと当たらないじゃん?

 

 

周りからすごいねー!何で!?と聞かれる事が多かったんだけど、「もちろん応募したからだよ」って答える。笑

 

 

 

ハワイ編
①ハワイに行きたいと願う
②自然とハワイというワードにアンテナをはる
③ハワイ航空券が当たる抽選の広告を目にする。(普段は広告は見ずにスルーしている。)
④即座に応募という行動を起こすハワイに行く為に、私は4つも行動を起こしている。
これだけでハワイに行ける確率は格段に上がる。
応募しないとまず当たらない。

 

 

 



 

ウラジオストクを引き寄せた方法


ウラジオストクも同じこと。

 

 

ゆうきはんがタビジョレポーターとして海外旅行を繰り返していたから、普段から活動内容について質問したりしていた。

 

 

そうすると、なつみぶるーはタビジョレポーターという活動に興味があるという認識がゆうきはんの中で生まれる。

 

 

誰を誘ってレポーターの応募をしようかと考えた時に、なつみぶるーの顔が頭に浮かぶ。

 

 

そして、なつみぶるーが誘ってもらえる。

 

 

応募のチャンスがやって来る。

 

 

ウラジオストクのレポーターとして活動したい熱い想いを文章で具体的に述べて応募する。

 

 

ハワイと同様で、ここまで来るとウラジオストクに行ける確率が格段に上がる。当然、応募しないとウラジオストクのレポーターに選んでもらえない。

 

 

ウラジオストク編
①タビジョレポーターという活動に興味をもつ
②ゆうきはんにタビジョレポーターの活動内容を聞かせてもらう
(結果的に、なつみぶるーはタビジョレポーターの活動に興味があると認識してもらえる)
③ありがたく、レポーターの応募に誘って頂く
④熱い想いを添えてレポーターに応募するウラジオストクに行く為に、私は4つも行動を起こしている。
これだけでウラジオストクにいける確率は格段に上がる。
応募しないとまず当たらない。

 

 

関連記事

まとめ

引き寄せの法則とは、願いを叶える為に自らが行動することをいう。

 

 

(株)〇〇といつか一緒にお仕事がしたいなー!と思ったら、心に秘めず、声に出して周りに伝えておくと、それを聞いた人の内の誰かが、その企業と繋がりを持つ人を紹介して頂けるかもしれない。

 

 

××というカフェに行きたい!思ったら、心に秘めず、声に出して周りに伝えておくと、同じ様にそのカフェに行きたい人からお誘いを頂くことがあるかもしれない。

 

 

もちろん逆も然り。

 

 

例えば、ディズニーに行きたいとしよう。誰を誘うかを考えた時に、頭に浮かぶのは日頃からディズニーが好きと発言している人だったりしない?それと同じ。

 

 

周りに自分の情報を開示しておくことって本当に大切なんだよね。

 

 

引き寄せの法則を成功させる為には、日頃からマメに種まきをしておく事が重要。
願いは、恥ずかしがらずに口に出したほうが良いし、興味があることにはどんどんアンテナをはっておこう。

 

 

 

Thanks♡

なつみぶるー