Hi! なつみぶるーだよ♡

 

今回は、ちょっと残念なお知らせについて書いてゆくね。

 

 

ご報告

先日このブログでお伝えした某ツアー会社様とのウラジオストクコラボツアーは、白紙になりました。

 

 

楽しみにして下さっていた方々、ご期待に添えなくてすみません。

 

 

色々と協力してくれたお友達の皆さんも本当にごめんなさい。

 

 

 

先日書いた記事はこちら↓

 

 

 

 



 

再出発

今回のことは残念でもあるけど、

 

 

ウラジオストクをもっと身近な旅先にする

旅をお仕事にする

 

 

は、諦めていない。

 

 

ウラジオストクについてもっとたくさん考えて、提案内容を改良して今度はこちらから営業をかけてゆくことを決めた。

 

 

 

 

 

 

 

スキルアップは必須

ありがたいことに、フリーランスになってから頂いたお仕事は、SNSの発信がきっかけであったり、知人の紹介やリピートだったりと、自分から営業をかけずに頂いたものばかり。(知人の方々いつもありがとうございます。)

 

 

気がつけば、「営業をする」スキルを身につけないまま今に至ってしまった。

 

 

待っているだけでは、ウラジオストクを広める最良且つ最速の活動をすることはできないと思い至り、営業の仕方を学びつつアクションを起こしてゆくことにしたよ。

 

 

このブログを読んで、営業が得意だから教えてあげてもいいよ!とか、この本を読んだ方がいいよ!などご指導・ご連絡を頂けると嬉しいです。(激励・要望のメッセージも大歓迎です。)

 

 

私が持っているスキル・や経験もどんどんシェアさせて頂くので、宜しくお願いします♡

 

 

 

 



 

ウラジオストクにこだわる理由

■海外旅行をもっと身近にしたいから

日本人のパスポート保有率は、26%と非常に低い。

 

 

社会人になると、連休を取ることがとても難しくて、少ない日数を優先して旅先を選ばなくてはいけない。

 

 

私もアパレルの販売員時代は、4連休までしか取れなくて、行ける旅先がとても限られたいたの。

 

 

「アパレルの仕事が好き。けど海外旅行も大好きだから、もっと旅先のバリエーションを増やしたい。」

 

 

そう思って仕事を続けるか、旅を優先するか迷っている時期があったの。

 

 

その時は、ヨーロッパ旅行なんて夢のまた夢だった。

 

 

だけど、ウラジオストクなら片道2.5時間フライトで行けて、短い連休でもヨーロッパの雰囲気を楽しむことができる。(実際に、ウラジオストクがあるロシアはヨーロッパだよ)

 

 

現状のショートトリップの候補は、グアム・台湾・韓国のように南国とアジアだけじゃない?

 

 

南国やアジアに興味がなくても、ヨーロッパには興味があるって人だっているよね。

 

 

グアム・台湾・韓国のようにショートトリップの候補に、ウラジオストクが自然と加わるようになれば、「旅をしてみよう!」って人も増えると思うんだ。

 

 

海外旅行は良い意味で中毒性が高いから、ウラジオストクをきっかけにもっと海外旅行をしたくなる人だっているはず。

 

 

 

 

 

■ウラジオストクはかわいい街だから

ウラジオストクに行く前は、ロシアはなんとなく暗いイメージだったの。

 

 

でも実際にウラジオストクに行ってみたら、パステルカラーの建物が多かったり、かわいいカフェがたくさんあったりと、とてもかわいい街だった。

 

 

海軍の街だから、セーラー服を着たイケメン水兵さん達が、街中を普通に歩いていたりするのもとても新鮮。

 

 

行く前と行った後では、ウラジオストクに対するイメージが大きく変わったよ。

 

 

だから、かわいいウラジオストクの街をみんなに知ってもらいたいんだ。

 

 

ウラジオストクの魅力(かわいいスポット)については、別の記事にまとめてあるから下の「関連記事」からチェックしてみてね。

 

 

 

 

関連記事

まとめ

今回はちょっと残念なお知らせだったけど、皆んなにHappyなお知らせができるように心機一転頑張ってゆくね。

 

 

 

Thanks ♡

なつみぶるー